情報収集術トレーナーとして

「情報の質が人生の質」

ということを口酸っぱく言い続けていますが、その理由を書いていきます。

情報収集術(ここではネットでの情報収集を指します)はそれ自体でも強力ですが、本来の役割は「あらゆる土台」と言った方がしっくり来ます。情報を手にしてその後のアクションが大事だからです。

ただ情報収集術を習い始める人には即効性があった方が興味を持ってくれるので、あえて即効性が高いものを見せたりします。

興味を持ってくれやすいものの一つにお金があります。

情報感度が高くなると、お金の恩恵を受ける、得をしたり稼げたりします。

ただ、これは本質ではないので、あくまで情報収集術を学ぶ入り口にしてほしいです。

マネー編
1.大きな変化が世の中に起こったときの先行者利益
情報収集術によって、これまでになかったことが起こるタイミングを掴めれば先行者利益が掴めます。理由は様々ですが、新しいことを広げるにはお金がかかりますし、かけることが多いです。

プロモーションをしようとする投資額のうちのいくらかを受け取ることができます。

これまでの事例でも、パッと思いつくだけでも

LCC、オンライン英会話、携帯の会社を変える(MNP)、シェアエコ、ふるさと納税、奨学金、お試し移住、仮想通貨、キャッシュレス、ふるさと納税(第二弾の波)

と本当にたくさんあります。

きちんと計算したことはないですが、数百万は得してます。

2.マーケティングで使える
マーケティングの本質は2種類のことに詳しくなる必要があります。

提供しようとするサービスの市場に誰よりも詳しくなる


その市場にいるたった一人のそのサービスに最適なお客さんの心理を手に取るようにわかるようになる

この2つです。

特に①については、情報収集力がモノを言います。

②は実際にそのサービスに最適なお客さんを見つけて実際にヒアリングなどで聞くことができますが、①を調べてからの②の「そのサービスに最適なお客さん」なので、①が適当だと②も上手くいきません。

3.コピーライティングで使える
コピーライティングではたくさんの良い広告の見本を持っておくことが大事です。

コピーライティングは単語一つ変わるだけで与える印象が変わります。そういった単語を全て覚えておかないといけないのかというとそうではなく、たくさんの見本があれば、それらを真似して組み合わせていくことでオリジナルの強力な文章が完成します。

2であげたマーケティング、今回のコピーライティングともに情報収集術による恩恵は計り知れません。

これも数百万円単位で売上は変わってると思います。

人によっては数千万、億単位で変わるという人もいるくらいです。

ここからはお金以外の部分も見ていきます。

あらゆる土台となる
4.モデリングする人を見つけられる
最短で結果を出す法則に考え方ややり方を正しく真似する「モデリング」があります。

情報収集力があると、理想のライフスタイルを叶えている人を見つけ、モデリングができます。

理想のライフスタイルがわからない人は、色々な人のライフスタイルを比較することで、自分にはどれが合っているのかわかるので、理想のライフスタイルを見つけることもできます。

東京であれば色々な人がいるので良いですが、地方など周りは似たような人ばかりだったり、周りが違うことに罪悪感に似たものを感じたりといったこともあります。

そういった状況に陥ってる人は見てる世界が狭くて、世の中を見れば周りと違ったライフスタイルを送ってる人はたくさんいます。

周りと違ったライフスタイルを送ってる人がたとえ近くにいなくても、今は色んな人が考え方やライフスタイルを発信しているので、モデリングをする人はいくらでも見つけ出すことができます。

特に高校卒業までは周りと同じように生きていくのが普通という価値観を持っている人が多いので、中高校生にもぜひ情報収集術を身につけてもらいたいと切に願います。

5.疑問に思ったことを自分で全部解決できる
なにかわからないときに教えてもらったりすることは基本的にお金がかかりますよね。

あとは、すぐに解決したいのに、近くに適切な教えてくれる人がいなくて解決しない、そんな歯がゆさは誰もが経験したことがあるはずです。

正しい情報収集術が身につけば、わからないことがあっても自力で解決できるようになります。

ネットには大した情報は落ちてないと思ってる人は情報収集力をもっと鍛えればネットにもこんな有益な情報が落ちてるのかと感動すると思います。

6.事前に準備ができる
なにか新しいことにチャレンジすることは誰もが不安に感じます。

それにチャレンジしたらどうなるのかがあらかじめわかれば良いと思いませんか。成功確率も上がります。

準備が本番よりも大事というのは周知の事実ですが、その準備に情報収集力が役立ちます。

7.選択肢が増える
その情報があるかないかで、人生の選択肢に直結します。

色んな情報があれば、その道に行き詰まった時に別の選択肢が取れるようになります。

そういった情報を持ってなければ、学校からはみ出たら終わりなんだと思ってしまいます。プレッシャーもあります。

僕自身、大学生の頃に時間を自由に使いづらそうなサラリーマンは無理だと思い、起業したいけど周りに起業したいなんていう人はいなかったので、当時流行っていたmixiなどでそういった人はいないかなと探したりしてました。

最終的にはmixiだけでなくネットで情報収集をしていく中で、マーケティングを極めれば起業はできるということがわかったり、20代でも数億稼げるといったインターネットビジネスの可能性を知ったりと選択肢が広がりました。

そこからマーケティングやビジネスを勉強し始めたのは言うまでもありません。

選択肢を知ったからこそ、目指せたことで、今のライフスタイル「毎日4時間だけ、好きなときに、好きな場所で、好きな人と、好きなことを仕事にして、自分も周りも幸せになる」と名付けた「好き4」もこの選択肢の広がりがきっかけでした。

いまだに「毎日4時間だけ、好きなときに、好きな場所で、好きな人と、好きなことを仕事にする」なんて本当にできるの?と選択肢を知らない人にとっては信じられない、と言われます。

それは選択肢を知らないだけです。選択肢を知れば目指すことができます。選択肢を知らなければ目指すことすらできません。そしてその選択肢を知るのはどうせ知るなら早ければ早いほど良いです。

僕は大学生のときにその選択肢を知ることができたので、早めに準備ができて今こうしたライフスタイルが実現できています。

才能があるからできるんでしょ〜みたいな類でもありません。

選択肢を知ることは人生の可能性を広げることでもあるのです。
勝手に良い情報が見つかるなんてことはありません
情報の質が人生の質といった理由はなんとなくでもわかっていただけたでしょうか。前半は即効性はありますが単発もの、後半はその恩恵を受けるまでに時間はかかりますが、人生に大きな影響を与えます。

ただ、普通に生きていく中で、人生を変えるような情報に出会うことはあまりありません。この超情報時代では、有益な情報以上に役に立たない情報もたくさんあるからです。

だからこそ情報収集術が必要なんです。主体的に情報を取りに行く必要があります。

情報収集術を10年以上教えていますが、いまだに正しい情報なのかどうか完璧に見分けることができるわけではありません。

その情報が正しいかどうかの精査、確率をあげていくのは一生向き合っていく課題です。

この記事を見て情報収集術を学びたいと思ってもらえたら嬉しいです。