どうも、「每日4時間だけ、好きな場所で好きなことを仕事にして生きていく」ゆとり世代のフリーランサー、りゅう(@benizurudaito)です。

1ヶ月前くらいになりますが、
1週間、鹿児島へ旅してきました!


去年、トライアルステイに参加して南九州市でお世話になった山口さんが経営する「お茶の春一番」へ。


半年ぶりに再会して、仕事の手伝い以外にも、世界でどこが1番住みやすいか、家族も山口さんも花粉症やったけど発症しなくなった秘訣、ビットコインの現状、自営業の良さ、お茶への想いなど、色んな話を聞かせてもらいました。


山口さんは閉鎖的と呼ばれてる南九州市でも、良い意味で異色の方だと思います。僕も特殊な働き方をしてるんで、自分の働き方もすぐ理解してくれます。こういう人は地方でもどこでもいて、そういった方とつながりが持てるのは嬉しい。


自分でなにか真剣に取り組んでる人には聞けば聞くほど、色んな話が出てきておもしろい。


あと衝撃だったのは、地元の高齢の方を紹介してもらったんですが、鹿児島弁は本気出されると何言ってるか全然わからん。


泊めてもらったり、毎日飲んでご馳走もしてもらったりとすごい良くしてもらって、感謝感謝です。


そのあとは、今回の目玉でもあった、鹿児島ドラフト移住会議。(移住する人もいますが、どちらかというと仕事のマッチング。)


2日間かけて1日目は前夜祭で移住希望者のアピールなんですが、自分の100秒プレゼンはやったものの、ごめんなさい。その日までの疲れやらなんやらで、コンディション悪すぎて意識半分でしたorz


ただでさえ、覚えるのが苦手やのに、たくさんの企業と人がプレゼンしてて、名前と顔が一致せず集中力もきれて、これはもうきついと、集合時間を間違えて伝えられてたり、宿泊先が当日ダメになったりのアクシデント続きもあって、1番大事な懇親会に行けずでしたorz


ただドラフト会議では、甑島(こしきじま)に選んでもらったので、ついに離島とのつながりもできて良かったです。


世界中を対象に、3年ごとにその地域にしかない魅力を使って新しい仕事を作り、マイホームタウンにする世界マイホームタウン計画で、岡山、大阪、東京、福井、知覧、大山町に次ぐ7つ目。なぜか行きづらい場所ばっかり。(その後、和座もできました。)

だからこそ誰にも真似されず、価値がある。


ドラフト会議が終わり、トレッキングをしに次の日、屋久島へ。


早朝、屋久島へ行こうとするも小雨程度でまさかのフェリーが欠航。よく欠航するって聞いてたものの、全然動けるやんくらいの天候やったんでビックリ。


結局、高速船で行くことに。


その日は準備やらご当地もの食べたりやらで終わり、次の日人生初のトレッキング。


友達に誘われて、トレッキングやったことないし、ノリで行くって言ったけどこんなに大変やとは思わんかった。


朝4時起きで、6時から16時まで、10時間、ひたすら足場悪いところを登ったり降ったりと景色を見る余裕もないし、こんなに歩いたことない!


最後はまさに膝が笑ってる状態やった。


夜は、店が少なく火曜日は定休日が多いので、プラプラ歩いてたら、ここ見た目大丈夫?的なところでご飯をすることに。中のお客さんの話を聞いてると、地元の人しか来ないようなお店みたいで、グルメマスターの友達も満足の食べログにも載ってないおいしいお店やった。


ラッキー。気になる方は場所が説明しづらいので、直接聞いてください。




屋久島の最終日は鹿児島港へ帰るフェリー(ちなみにフェリーは色んな施設があったから、ずっと座ってる高速船よりはるかに良かったです)

が遅延で、飛行機に間に合わんから鹿児島港から空港までバスじゃなくてタクシーで帰る羽目に。


おんなじ状況のカップルが他にもおって、空港までそのカップルと相乗りできた上に、タクシーの運ちゃんが空港に着くかなり手前でメーターを切ってくれて、しかも人数できちんと割ってくれた。そんな機能がメーターにあること自体を知らんかった。


この旅中、鹿児島の人は親切な人が多いなぁって友達と言ってたけど、ここでもその親切さに触れれて心がホカホカです。


旅にアクシデントはつきものであるものの、良いこともありぃので、印象に残る旅でした!


今後の旅の予定は、

4,5月に東京→愛知→大阪→福井

6月にバリ島

夏にアメリカ

そのあとに甑島(こしきじま)


に行く予定です!