僕が人生をかけてやっていきたい1つのプロジェクトとして、世界マイホームタウン計画があります。

前から言ってたんですが、ブログでは書いてなかったことに気付きました。笑

このプロジェクトは、3年かけて、その場所ならではのビジネスを作り、いつでも帰ってこれるマイホームタウンを世界中に作ることです。

大学院生のときに思いついたことなんですが、あるとき、最も刺激的でおもしろいことってなんだろうと考えたことがあって、環境が丸々変わることだなって答えが出たんですね。

院生の途中で、一人暮らしから、寮(チェルシーハウス)に移ったんですが、その移りたての頃は每日、新しい寮生が入ってきて、新しい刺激で楽しすぎて幸せでした。

環境が丸々変わるってなんだろうと考えたときに、文化も人もルールも変わることだなと思って、それが世界マイホームタウン計画に行き着いたのです。世界を点々とすることで半端ない刺激を受けて、おもしろいに違いないと確信しました。

観光地は僕にとってあんまり魅力的ではなくて、その現地にいる人とコミュニケーションを取ることと、その地域にある特徴を活かしたスモールビジネスを作り、継続的にそのビジネスに携わっていけるように現地の人と交流するが好きです。

3年単位で(1年目種まき、2年目水やり、3年目収穫)1つの場所でスモールビジネスを作り、また次に移って、環境を丸々変える。

スモールビジネスを作るだけでなく、マイホームタウンにするのは、長い間、家の外に出かけてて、家に帰ってきたときの安心感がたまらないんですよね。これは私が中高のときに寮生活をしていて何度も感じたことです。スモールビジネスを作ることで帰ってくるきっかけを作るわけです。

今すでに日本だと7つ、(和歌山、鹿児島、鳥取、大阪、東京、福井、甑島)海外で1つの場所(セブ島)にご縁があります。今年はこれをイギリスに広げていきます。

一生かけて、やっていきたいプロジェクトなので、また進んだら更新していきます。