どうも、「每日4時間だけ、好きな場所で好きなことを仕事にして生きていく」ゆとり世代のフリーランサー、りゅう(@benizurudaito)です。

最近は肩書きをパーソナルキュレーターにしてるんですが、その思いについて少し。

この世の中は、

「全てがオーダーメイド」

という考え方からきています。

まず、キュレーターってのはキュレーションする人って意味で、

キュレーションは莫大な情報の中から選りすぐりのもの持ってくる、という意味です。

これをする人がキュレーターになります。

パーソナルキュレーターということは、その一人一人に合ったものを持ってきてくれるんですね。

そのお客さんとのやりとりから、生活スタイルとか性格、感情、そういったものをすべて私の方で理解して、何が一番合っているかそれを膨大な情報の中から、その人だけのためにオーダーメイドで持ってくるのがパーソナルキュレーター。

このパーソナルキュレーターってのは、その人の全体像を把握してないと、できないことなんです

私は大人数よりも少人数で教える方が得意です。全体を見るより一人ひとりを見るほうが好きだからです。

働き方もお金もライフスタイルも情報もなんもかんも全て決めてあげる、これほど楽なものはないですよね。

筋力をつけるために雇うパーソナルトレーナーを想像してもらえばわかりやすいんですが、パーソナルトレーナーってのは最低でも1ヶ月から3ヶ月ぐらいは、その人のことを見る必要があります。

パーソナルキュレーションは、その人の状態を見たり、筋肉をチェックするだけじゃなくて、ありとあらゆるものをオーダーメイドで見てあげる。

これがパーソナルキュレーターの役割なんですけれども、パーソナルトレーナーですら1~3ヶ月は見る必要があるので、パーソナルキュレーターの場合は、人生という大きな視点で見るので、もっと長い付き合いになるっていうことだけは覚えておいてほしいです。

逆に長い付き合いができないという人は僕のサービスを受けるべきではありません。どうしても相性というのはあるので合わなければ合わないでまた別のところに行ってもらうという選択肢もありです。

これまで、ひとりひとり丁寧に見てきた成果をようやく出す時がやってきました。
これが私の集大成です。

パーソナルキュレーションを受けたい人はぜひご連絡ください。