このブログのメインテーマでもあり、自分のライフスタイルでもある「好き4


これは、


每日4時間だけ

好きなときに


好きな場所で


好きな人と


好きなことを仕事にして


自分も周りも幸せになる~No1よりOnly1~


そんなライフスタイルです。


好きが4つあるので、「好き4」と名付けて、さらに言うと、每日4時間だけというところにも、4がかかってます。


この每日4時間にも4つの意味があって、

・長い時間働けないということ

これは僕が自己免疫疾患という持病を持ってるので、長い間、働くことでありえないほど体調を壊したり(38度オーバーの熱が3週間続くなんてことも)、目が見えなくなったり、耳が聞こえなくなったり、虫に刺されて歩けないほど腫れたり、といった身体の色んなところに症状が出るので、


今は、量子医学、東洋医学、といったところからアプローチをして治す努力をしてますが、これまでに溜まったもの、先天的なものもあるので、まだ治療中です。


もちろん諦めてません。目も耳も治す意気込みです。


・ヒマを持つこと

これほど変化が激しい時代で、働きすぎてるとその変化に対応するための勉強する時間が全然ないよね、ってことです。あとは自分のことを見つめ直したり、整理したりといったこと時間を取る必要があります。



・新鮮さをキープすること

仕事はライフスタイルの一部で、僕は仕事が大好きですが、性格的に飽き性なので、一般的な労働時間でもある8時間もやっちゃうと新鮮さがなくなって飽きてしまいます。


好きでないこと、飽きてしまうことは上達の妨げになるので、每日やりすぎない、戦略的に効率よく取り組むことを目指してます。


・アイデアが出なくなるということ

今、たいがいの情報はネットで調べられるこの時代に、オリジナルを出そうと思うと、もうそれはアイデアしかないんですよね。


このアイデアを出すのに頭の余白、心の余裕が必要で、切羽詰まってる状態ではとてもじゃないですが、良いアイデアは出ません。 


・仕事以外でやりたいことがたくさんできること

旅をしたり、最新トレンドや専門ジャンルを勉強したり、新しい趣味を増やしたりと人生100年時代になりつつある今、常に新しいことを取り入れないと、どんどん衰退してしまいます。専門分野を持ちつつ、他の分野もカバーできると、よりできることが広がり、人生楽しくなります。


効率化は誰もができるようになったきた

働く時間を通常の8時間から4時間にするのは、効率化をすれば達成できるので、真新しくもないです。


本を出版したり、オーナーになったりはそうですよね。


今ではその難易度が下がって、誰もが挑戦できます。Udemyなんかまさにそうですね。

Evernoteで効率化するのも誰もができます。効率化は他にもたくさんあります。


每日4時間だけ働くという発想は、効率化では有名な本ですが、「週4時間だけ働く」から発想を得ました。




ITを使いこなしたおかげで理想のライフスタイルを叶えられた

「好き4」は2016年の4月に東京から鯖江に移住して、叶えることができました。地方に移住したからこそ、もっとITを使いこなして、東京にいなくてもできる仕事を作る発想へ、頭が切り替わりました。


その結果、東京じゃないと仕事ができないということはなくなり、好きな場所で生活していくことができるように。

この前、鯖江で開催されたITフェスティバルで登壇したパネルディスカッションのテーマで気付いたことですが、これはITのおかげです

ITが登場するまでは、場所の制約、時間の制約、人間関係、やりたいことの制約がありました。

具体的には、

・場所の制約

決まった場所に出勤しないといけない


・時間の制約

決まった時間に出勤しなければならない


・人間関係の制約

一緒に働く人は決められない


・やりたいことの制約

趣味はあくまで趣味


こういった障害を全部なくしてくれたのがITです。


每日4時間だけ仕事の効率化、つまりEvernoteや時短ツールを使いこなす


好きなときにその日中に対応できるサービスを持つ(メッセージであれば時間があるときに返せる)


好きな場所でネット上で完結するサービスを持つ


好きな人と→ネットを使ったマーケティングを習得して、1人でも回せるビジネスを持っておくこと


好きなことを仕事に→その人にしかできないOnly1になって、ネットで発信する



1つ確実に言えることは選ばれた人しかできなかったハードルの高いことがどんどん下がって、誰もが挑戦できる時代になってるんだということです。


こんなにハードルが下がって、リスクもほとんどないこの時代に、チャレンジしないのは本当にもったいないと思ってます。

今後やること


「身体が弱いなら、そういった人のロールモデルになったら良いんじゃないの。情報革命で世界一の企業を目指すソフトバンクの孫正義さん、伝説的な経営者、松下幸之助さんも病気がちだったんだよ」と、学生の頃に、ある方に教えてもらいました。


そう教えてもらってから、なにかしらの事情があって、長く働けない人、もっと広く言えば、東京じゃないと仕事がないと思い込んでる地方在住者、夫の海外赴任で仕方なくついていかないといけない海外在住妻、

外に働きにいけない専業主婦なんかは社会と繋がらないと、孤独に感じてしまいがちです。

でもITを上手く駆使すれば社会とも繋がれます。


今はどんな事情があっても、その気になれば自分らしく、生きていけるライフスタイルを自ら作れるようになりました。


もちろん、すぐにできるわけではありません。


僕もこの「好き4」なライフスタイルに行き着くのに苦労しました。時間もかかりました。ITが浸透して、まだ間もないので、周りでこういったライフスタイルを確立してる人が全くおらず、独学で、作らないといけなかったからです。


そういったロールモデルがいれば良かったのにな、と思ってました。でも、今こうして、自分が満足するライフスタイルを自ら築き上げて、それを教えれる立場にまでなりました。


僕みたいに回り道しなくても、今「好き4」を達成したから教えられる近道があります。


このショートカットをもっと洗練させて、たくさんの人に伝えられればと思います。


そうすることで、長く働けない事情がある人にとってライフスタイルは自分で作れるんだよとロールモデルになれるんじゃないかと思ってます。


もしかしたら、この変化の速い時代に今やってることは通用しなくなるかもしれません。だから今に満足しない、常に進化です。


感謝と貢献も常に忘れない。進化×感謝×貢献、この3つを大事にしていきたいです。