前回、ゆるい移住はどうだったのかも含めて、

「人生どうにでもなる、そして心に余裕がある状態で人生について考えさせられる時間を持つこと」が満足する人生を送るためには必要じゃないかという話を書きました。


今の生活に満足してない人はとりあえず一回鯖江に来ちゃいなよ

あともう一つ、実はゆるい移住のメンバーと一緒に過ごす中で、
コミュニティについても新しい発見がありました。

ゆるい移住を振り返ってみると、このプロジェクトをサポートしてくれる方々から口出しをせずに自分たちが何をするか信頼して見守ってもらってる中で、

メンバー全員が、
人生どうにでもなる、そして心に余裕がある状態で人生について考えさせられる時間を持つことで、自発的になにかしようと実際にそれぞれがやりたいことを話し合って行動してました。


サポートは実際に、助けを求めたら、なーなーにするわけではなく、すぐに答えてくれる、協力してくれることでこの人たちは本当に助けを求めたら協力してくれるんだという応援の意思がはっきりとこっちサイドに伝わってきました。


やりたいことを徹底的にやる56人もの学生寮のチェルシーハウスに住んでたことがあるんですが、そのときによく感じてたことは、目的もバラバラでお互いの自発性に上手くシナジー効果が生まれてなかった気がします。(*誤解のないよう言っておくとチェルシーハウスには本当に感謝していてめちゃくちゃ良いところです笑)

運営側が任せると口では言っておきながら完全に任せてくれてるわけではなく、こっちを信頼してくれてるという行動が目に見えなかった。

協力してほしいことを話しても解決までに時間がめちゃめちゃかかってた。寮生同士でも他の人がどんなことに取り組んでるか詳細を把握してる人はほとんどいなかったです。


自発的なコミュニティを作るカギは、


1.サポーターから信頼された状態で、(=口出しをしない)自由にして良いよと自発性の引き出し
2.すぐに答えを出してくれるサポート
3.コミュニティにいる他の人が何をしてるのか、その行動の透明化


です。



これまで人生で考えてた自発的なコミュニティ作りに関して、ついに結論が出ました!!!


さて、そんな鯖江の今後ですが、鯖江で満足いく生き方を見つけたらここを去って新しい生活を始める。もちろんつながりが切れるわけではなく、ゆるくつながってる形です。


なんとなくですが、そんなコミュニティになる気がします。