・フリーランスになりたいけど、やり方がわからない

・フリーランスって難しそうだけどどうなの

・やってみたけど、全然稼げない

フリーランスとして活動してると、そういったことをよく聞かれるので、フリーランスになるためには何が必要かのポイントをまとめました。

最低限、これだけはないとフリーランスとしてやっていくのは結構難しいと思ってるものです。追い込まれれば追い込まれるほど人は力を発揮するので、もちろん必ずこれに当てはまってる必要もないです。

・フリーランスに向いてるかどうか

・売上をあげるにはどんなスキルがあるのか知っていて、今どのレベルか

・サービス提供をできるスキルは人並み以上にあるか

・情報感度がどれくらいあるか

・外向的か内向的か

・最短で成功するフリーランス

順番に見ていきます。

フリーランスに向いてるかどうか

フリーランスに向いてる人はこんな人です。

度胸がある
行動力がある
周りから批判されても折れない軸を持ってる
好奇心旺盛

まとめると、フリーランスはまだまだ新しい働き方で、リターンは大きいですが、理解ある人が少なく、これまでの教育と違って、なんでもかんでも自分で進めて、責任を取る必要があります。

これまでの人生とは責任の大きさが変わってくるので、責任を持つ自信がない人はオススメできません。とは言っても自分の人生をコントロールするのは自分だというのは誰もが思ってるはずなので、僕は全員がフリーランスを一度は経験した方が良いと思ってます。

売上をあげるにはどんなスキルがあるのか知っていて、今どのレベルか

フリーランスになる時に一番問題にあげるのは売上です。正直売上をコントロールできるのであれば誰もがフリーランスになりたいとは思っているはずです。売上を上げたいと思っているにも関わらず、実はその売り上げの上げ方を知らない人が非常に多いです。

これはもうストレートに言います。売上を上げるにはたった二つしかありません。コピーライティングとマーケティングを勉強してください。どのレベルまで上げたらいいのかというのはコピーライティングやマーケティングを勉強しているとどれぐらい必要になるのかが分かってきます。なので今回どのレベルまで上げればいいのかということには答えません。

コピーライティングもマーケティングも常に新しくなっているのであまり意味がないということもあります。ただ本質はどこにあるのかというのはどの時代になっても変わらないのでこれを掴めるようになればコピーライティングとマーケティングの習得は十分です。


サービス提供をできるスキルは人並み以上にあるか
売上を上げるにしてもサービス提供できるものがないとさすがにフリーランスとして始められないので今持っているスキルはどれぐらいあるのかということをチェックしています。

【副業】人並みよりちょっとできれば始められます【プロ並みのスキルはいらない】


情報感度がどれくらいあるか
フリーランスの一番の強みはフットワークの軽さです。一方大企業は資金はたくさんありますが、関わる人がたくさんいるのでフットワークが遅いんですよね。

今のこの時代、情報がどんどん増えてるので、いかにその新しい情報を収集してそれを支えるのかというのは非常に重要です。特にトレンドに乗ってるかどうかというのは、全く同じことをしても売上の桁数が変わるほどです。

常に情報感度を高くしておく必要があります。

外向的か内向的か

一般的なフリーランスは効率性を重視するためパソコンを使った作業が多いです。なので常に外に出ていないといけない人はどちらかと言うとフリーランスとしてやっていくのは厳しい面もあります。

もちろん向いてないというわけではないんですが内向的な人の方が相性が合っているということです。

最短で成功するフリーランス

最短で成功するフリーランスを目指すにあたってこれだけは!というものの一つに

「好奇心旺盛をどこまで抑えれるか」

があります。

フリーランスは確かに好奇心旺盛な人が向いてるのですが、あっちこっち手が出ちゃうと、なかなか成果は出ません。極端なことを言うならば、好奇心旺盛ということを押さえて一点集中してほしいんですね。

例えば今これがチャンスだから参入したほうがいいと他の所に参入してしまう。そうすると一からではないんですが、やはり新しいことを始めるとその分、ロスになるので、結果が出るのが遅くなります。

もちろん僕もこの経験があって、実際に物販に手が出そうになることもありました。

いかに本能に逆らって、結果が出ることにフォーカスできるかが重要になってきます。

これに関連して、これからやっていくことを明確にできているかどうかが必要です。これからやっていくことを明確にできていないと先ほど言ったような甘い話や稼げるといった話に乗ってしまいます。まずフリーランスとしての基礎スキルを必ず身につけてください。

僕は、そのためにフリーランスの七つ道具をまとめました。

フリーランス養成合宿で伝えた7つのスキルをまとめました

これはある意味、フリーランスになるための道しるべとなります。

もし他の誘惑に負けてしまったとしても、最終的にこの7つのスキルに帰ってくればいいんだというホームを持っておくとそれが安心感にもつながります。やはり人間は誘惑に弱いもので、一度は二度は誘惑に負けて他の事をしてみようという気持ちになるものです。ただ帰ってくる場所があるかないかで全く変わってきます。そのためにもこの7つのスキルは絶対に身につけてほしいです。


以上、フリーランスになるために何が必要かというのを答えてきました。このポイントをしっかり理解していればフリーランスになるのは何も怖くないです。

このポイントがまだまだ厳しいと思っている方は、副業レベルでもいいので是非はじめの一歩を踏み出してみてください。副業レベルであれば、リスクもなく始められますし、自分のサービスを持つというのは人生を充実させてくれます。

会社員の収入を安定して越えれば、フリーランス一本でやっていくことも可能です。フリーランスは基本的に会社員の給料一定とは違って、成長すればするだけ自分の収入も増えていくからです。

フリーランスとしてやってくことはないと思っている人も、一度は経験してみると人生の幅が広がるのでおすすめです。