どうも、「每日4時間だけ好きなことで仕事をして食べていく」平成生まれのフリーランサー、りゅう(@benizurudaito)です。

最近コミュニティについて考える機会が、増えてきてます。

セブで現地の人を巻き込んだ、ひろがやってるCebu Green project、ゆるい移住、2430団地、多摩Conti、去年の終わりまで住んでたCH、入会してるオンラインサロンのWonderland、SWYのファシリテーターのひでさんがやってるトランジションタウンもそう。

コミュニティが上手くいってるところは、やりたいことができるスピードが1人でやるより圧倒的に速いし、今問題になってる地方の人口減少もこのコミュニティが上手くいってるかどうかによる。

コミュニティを上手く作ることは、人生でもかなり重要なウェイトを占めてるなと。

ほんでこの前、コミュニティ作りについて必要な3つを書いたわけやけども、
今の生活に満足してない人はとりあえず一回鯖江に来ちゃいなよ 

今回は実体験を通して、コミュニティを活かしたらどんなことができるのかの理解が深まったから、それを書いていきます。

実は今年の4月にセブに行ってきたんですが、ノマドワーカーのパイオニアとして有名なミッフィーさん(安藤美冬さん)にSWYのつながりからセブ島の起業家を紹介してもらった、

セブ島でバーや留学エージェント、シェアハウスを運営してる若村さん

肉巻きを売ったりシェアハウスを運営してる皆嶋さん

のお二人です。海外で仕事を作るにはどうしたらいいのか、を聞いてみたかったからです。

カフェでわざわざ時間を取ってもらって、どういう経緯でセブ島で起業することになったのか、海外起業ってどんなもんかを聞いてきました。

2人とも共通して言ってたのが、セブ島くらいの小さなコミュニティやとキーパーソンがおって、人とつながっていったらトントン拍子で会えるようになるとのこと。

それでやりたいことに対して、持ってないリソースがあれば、こういう人知らない?と聞けば、紹介してもらえたりと、とにかく小さいコミュニティでは人とのつながりが大事、ということでした。

これはセミナーをしに行った鳥取の大山町も同じで、やっぱりその土地のキーパーソンは、必ずおんねんな。

小さいコミュニティほどその人を知ることが大事やし、やりたいことを明確にして、そういう人に会いにいけばなんとかなる、というのが2人の話を聞いて感じた結論です。当たり前やけど、小さいところこそ行動が大事。

あとはトラブルは絶対につきもので、海外やと日本の常識が通用せんから、どんだけリスクヘッジしてるつもりでも予定通りにはいかへん。

だからそれに耐えれるメンタルがあれば、あとはつながってやっていくだけ、とのことでした。話を聞いてたら、それまで海外起業って難しいやろうなっていう考えを持ってたけど、改まった。

やっぱり現実感を感じれるようにその土地で実際に活躍してる人の話を聞くのが大事やということがわかって、大収穫な面談となりました。

お二人ともありがとうございました!!

1.突破力が大事
2.コワーキングスペースつながりを活かせ
3.まずは現地に知り合いを作れ

このブログでも言ってる世界レベルで3年ごとに移動してマイホームタウンを作るという計画(ワールドマイホームタウン計画、WMHPと名付けました。)に向けて、また一歩進んだなと。

ちなみにセブ島に初のコワーキングスペースがもうすぐ誕生するそうな。やはりコミュニティの重要性。特に小さいところは。今世界中でもまだまだコミュニティが作れてないところはいっぱいあるやろうから、作れたらチャンスやと思う。

あとセブではコミュニティの統合も問題になってるみたいで、小さいコミュニティはあるけど、それが協力しあってシナジー効果を生み出すようなことはないそうな。孤立しあうコミュニティが多数とかもったいない!

現地の日本人コミュニティはあっても現地人はあんまりいなかったりと、一緒になにかやればいいのにと思う。そういった意味で日本人も現地の人も巻きこんだGreen projectを実践中のひろに注目!

自分はまず今いる福井県の鯖江で空き家再生、Airbnb活用、ドローンビジネスを展開していく。鯖江も小さいコミュニティやから、半年でできたつながりを活かして、連携していきながらやっていきたい。

幸いなことに、シェアアパートを借りて運営してるから仲間がいっぱいおる。これで上手くできひんかったら海外でやっていくんや、とか言う資格ないわな。