難病と向き合うイギリス在住フリーランス養成コーチの「好き4」実践ブログ

片方の目と耳が不自由、難病持ちで長く働けない事情から編み出した每日4時間だけ、好きなときに好きな場所で好きな人と好きなことを仕事にして、自分も周りも幸せになるライフスタイル「好き4」のあれこれを伝えるブログです。

難病と向き合うイギリス在住フリーランス養成コーチの「好き4」実践ブログ イメージ画像
業界のOnly1になるお手伝いをしています。
あなただから、と選ばれることで、価格競争に巻き込まれることなく、売上アップに貢献します

フリーランス養成合宿(ドラキャン)

6月におこなうフリーランス養成合宿、ドラキャンについてのPart3です。Part1では人生レベルで見た長期視点、俯瞰的な全体像について【全体像】フリーランス養成合宿 in イギリスでやること Part1Part2ではカリキュラムを受ける前に知っておきたい学び方や合宿で得られること
『【スキル編】フリーランス養成合宿 in イギリスでやること Part3』の画像

フリーランス養成合宿(通称:ドラキャン) in イギリスまで残り12日となりました。今日はオリエンテーションについて書いていきます。カリキュラムを受ける前の目指す方向性やその学び方についてです。前回の福井県鯖江市(さばえ)、地方でおこなったドラキャンでは以下の5つの
『【オリエン】フリーランス養成合宿 in イギリスでやること Part2』の画像

フリーランス養成合宿のカリキュラムを作るにあたって、これまでにやってきた活動を総括したので、そのまとめをシェアします。数年に一度開催する、フリーランス養成合宿は人生の集大成となるチャレンジです。自分が幸せでなければ周りの人を幸せにすることはできない自分の
『【全体像】フリーランス養成合宿 in イギリスでやること Part1』の画像

フリーランス養成合宿がイギリス版として帰ってきました!2019年8月の募集を受け付けています。残り1名です。2020年はまだ開催する場所や日程も未定ですが、先行登録が可能です。【2019.06.更新】2017年の夏、地方創生の最先端な取り組みをおこなっている福井県鯖江(さばえ)
『【業界初】フリーランス養成合宿 in イギリス【4名限定受付中】』の画像

2019年、夏のフリーランス養成合宿(ドラキャン) in イギリスの開催が決定しました。イギリスでは最高の季節となる夏の開催です!.実は2018年の終わりごろに募集を始め、申込みはあったのですが、2018年開催の日程は近すぎたせいか、結局なくなってしまうことに。.募集を開始
『フリーランス養成合宿は他のフリーランス講座と何が違うのか』の画像

フリーランス養成合宿(ドラキャン)で教えるスキルは、フリーランスになる基礎&土台となる部分で、一度身につけると、永遠に使えます。プログラミングやデザイン、ライターといった職種は、時間の経過とともに、価値が下がっていく可能性がありますが、この基礎&土台となる
『【お客様の声】フリーランスになるための7つ道具を習得して半年後にいただいた感想をご紹介』の画像

2017年7月中旬から10月中旬まで、計3ヶ月フリーランス養成合宿をやってました。ドラキャンで伝えた、フリーランスになるのに絶対に欠かせない7つのスキルについて、受講生が記事でアップしてくれたので、まとめました。どんなジャンルのフリーランスでも、この7つのスキルさ
『フリーランス養成合宿で伝えた7つのスキルをまとめました』の画像

3週間コースに参加していただいた参加者が、合宿全体についてとても上手くまとめてくれていました。合宿の内容がわかりやすいだけでなく、合宿では本質思考を伝えていて、最後のまとめが「好きなことで生きていくことの本質」について深い内容だったので、ぜひご紹介したかっ
『【まとめ】「好きなことで生きていく」って本当にできるの?【日本No1情報収集術トレーナーから教わったフリーランスに必要な7つのスキルとは】』の画像

本氣コースのドラキャンも終えて、東京でセミナーをやり、福井で外国人受け入れをやって、トークセッションを終えてから一気に体調を崩しました。今日で、体調を崩してなんと22日目です。改めてフリーランスやってて良かったと思うときですね。3週間以上、会社を休んだら、そ
『ドラキャンの成果と次回開催への課題【ドラキャン全日程終了】』の画像

どうも、仮想通貨の世界に飛び込んで、いきなり情弱ぶりを発揮してるりゅう(@benizurudaito)です。ドラキャンの振り返り、2ヶ月目も色んなことが起こりました。今だから言える苦労したこと、わかったこと、講義内容の変更、受講者の変化なんかを、つらつらと書いていきます。
『予想外だったことと、わかってきたこと【ドラキャン2ヶ月目振り返り】』の画像

↑このページのトップヘ