アヤワスカリトリートの話を聞きたい人はぜひしましょうと投稿で投げかけてから、スピリチュアル色がめちゃくちゃ強い話にも関わらず、興味を持ってくれる人が予想以上に多く、毎日のように体験談をシェアしています。

とはいえ、僕も数年前までは科学、理論、左脳、あたりのキーワードにしか興味がなく、スピリチュアル怪しい、、、の人だったので、現実的に活かせる内容で、スピリチュアルに馴染みがない人には説明の仕方を変えて、アヤワスカリトリートの話ができるように励んでいます。

アヤワスカリトリートは、人生で最も大きな4大テーマ、健康、ライフスタイル、お金、人間関係、と全てを網羅しているので、あらゆるテーマとつなげられるのですが、今回はライフスタイルに影響するアヤワスカ×自己理解について。

これまで自己理解、他者理解は人並み以上のパッションを持ってやってきました。

・エニアグラム
・ストレングスファインダー
・ウェルスダイナミクス
・ポジティブ心理学のVIA
・上記+1000名以上を個別コンサルで見てきた中での独自の体系化

など、強みだけでなく、強みが暴走することで起こるボトルネックも言語化してスプレッドシートにまとめています。

今年からはサバティカル休暇を取り、自己理解を深めるためにコーチングを受け始め、自分ではなかなか気付けない第三者目線のおかげで、さらに自己理解が深まりました。

コーチングの力を改めて実感、アヤワスカを受ける前はコーチングを周りにも薦めてました。

自分から見た自己理解
第三者からの自己理解
他者理解からの自己理解

自己理解に関しては、これだけやってきたという自負があったのですが、アヤワスカリトリートではその全てを超えてきたんです。

アヤワスカリトリートでは全ての出来事に意味があると学んだのですが、それこそ小さなことから大きなことまで、忘れてたことさえも、そんな意味があったのかと腹落ちと確信を得られることができました。

Netflixのドキュメンタリー、英語だとUnwell、日本語だとウェルネス/アンウェルネスというタイトルで、5話目にアヤワスカが取り上げられています。

そこでアヤワスカの経験は10年分の気付きに匹敵するといった話が紹介されていて、非常に納得いくものです。

アヤワスカは10年分の一流コーチングを受けたような感覚、もっと言うと、一生かけてもわからなかったようなこの世の仕組みや真理も知れたので、個人的には10年分を超えてるなと、ドキュメンタリー番組を見る前に感じてました。

アヤワスカリトリートは色んな文脈で説明できるのですが、自己理解という文脈だと、これ以上の時短はないと思える究極の自己理解体験です。

アヤワスカリトリートに興味がある人にシェアしてる中で、アヤワスカをする前と、後とで世界の見え方が変わるので、どうせ受けるなら早く受けたほうがいいとオススメしています。

ただ、アヤワスカは100%効果が出るわけではなく、人によってはあまり効果がなかったという話も聞きました。

そこでアヤワスカリトリートを最大限活かすコツとしては、アヤワスカを受ける前に何を知りたいのかを明確にすること、意図を持つことが大事で、今回たまたまコーチングを受けていたあとにアヤワスカをしたので、アヤワスカリトリートをしてる人の中でも特に効果が出たんだと振り返って気付きました。

南米に行かないと受けれないので、お手軽にいけるものではないですが、意図を明確にした上で体験する価値はあると、控えめにいっても強くオススメしたいです。